■極旨フレンチ「とろける牛ホホ肉の赤ワイン煮」■



■極旨フレンチ「とろける牛ホホ肉の赤ワイン煮」■【AUGUST】


お買い求めはこちらから


この柔らかさ、

ただ事ではありません



フレンチでは定番の

「牛ホホ肉の赤ワイン煮」



定番というだけあって、お店によって作り方、味も色々。

シェフの腕の見せ所というわけです。



「ラ・プール・オ・ポ」シェフ ジョナタンの作る赤ワイン煮の特徴はその「柔らかさ」と「肉の美味しさ」

もともと牛ホホ肉は牛1頭からとれる量が限られており、貴重品。その中でも、煮込みに向く銘柄を厳選しているから、お肉の旨みがたっぷり。

また、オーベルニュ産の赤ワインを贅沢に使い、オーブンで5時間以上じっくりと時間をかけて煮込むため、柔らかさも抜群。

「お箸でちぎれる」なんていうレベルの話ではありません。「お口の中でホロホロとトロける」という表現が適切でしょうか。

とにかく「牛ホホ肉ってここまでおいしいのか」と感動してしまいます。



これだけ手間も暇もかけて作っているため、レストランでは大変お値段のはるお料理。

今回のセットは、付け合せのお野菜、ソースもたっぷりついて2〜3人前の量がこのお値段。



レンジで温めるだけで、お家が高級フレンチレストランに・・・

ちょっとしたパーティーや記念日などに是非、お取り寄せしてみてはいかがでしょうか。



フレンチレストラン

「La poule au pot(ラ・プール・オ・ポ)」

知るひとぞ知る名店。食通達の間では、ブレイク寸前と密かにウワサのフレンチレストラン。

ミネラルウォーター「ボルヴィック」で有名なフランスオーベルニュ地方の郷土料理専門店。

オーベルニュは山岳地帯ということもあり、伝統的に肉料理がたいへん発達してきました。

東京池袋のフレンチレストラン「La poule au pot(ラ・プール・オ・ポ)」は、オーベルニュ出身、オーベルニュにレストランも構えていたという“ジョナタン・マルタン”がシェフを務める本格派。日本で唯一、本場オーベルニュの味を楽しめるレストランといっても過言ではありません。



シェフ

ジョナタン・マルタン

フランスオーベルニュ出身。パリの1つ星や2つ星のレストランなどで腕を磨いた後、1998年にオーベルニュに戻り、自店レストランをオープン。6年間当地で腕を振るった後、日本へ。池袋に「La poule au pot(ラ・プール・オ・ポ)」をオープンし現在に至る。

素材と調理法を知り尽くし、一切の妥協も許さないシェフの料理は、非常に力強い本格派。

商品スペック 名称:牛ほほ肉の赤ワイン煮込み
内容量:1p/c(300g)
原材料名:牛ほほ肉(オーストラリア産)人参 じゃがいも 小麦粉、食用油脂(大豆油)・砂糖、食塩、香辛料 チキンブイヨン 胡椒 赤ワイン タイム ローリエ にんにく 
賞味期限:冷凍(-18℃以下)にて30日間
保存方法:冷凍(-18℃以下)にて保存
原産国:日本

注意事項

※商品はヤマト運輸(クール冷凍便)での配送となります。
※配達地域・交通事情等により希望配達日時にお届けできない場合がございます。あらかじめご了承下さい。

個装サイズ 27 cm × 22 cm × 4.5 cm


発送方法&送料
全国一律840円
注意事項
※此方の商品は、商品代引きでの取引不可となりますのでご了承下さいませ。

お買い求めはこちらから
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。